ごあいさつ

理事長 写真

 平成7年4月7日に創設された社会福祉法人昭隆会が地域の皆様に受け入れられて、名実共に精神障害者の社会復帰支援施設の拠点として活動を継続できたことに感謝申し上げます。この間、精神障害者の居場所の提供、相談支援、福祉ホームやグループホームでの住居支援、市委託事業やしいたけハウスでの就労支援、地域の方達との交流機会の提供など、様々な場面で精神障害者を支えてまいりました。

 一方、平成18年10月から「障害者の地域生活と就労を進め、自立を支援する」という旗印のもと『障害者自立支援法』が施行されました。この法律では身体・知的・精神障害の福祉サービスの一元化、公平なサービス利用のための手続きや基準の明確化、利用したサービスの量や所得に応じた公平な負担、規制緩和など新しい概念が盛り込まれました。そして行政の窓口はより身近な市町が行うこととなりました。

 富士圏域にあって精神科領域唯一の地域生活支援センターだった「ゆうゆう」も、現在は「地域活動支援センター・指定相談支援事業所ゆうゆう」として県及び市町の政策と歩みを共にしております。また3つのグループホームでの共同生活援助事業、職親とも、より連携を強化し、内容を充実させた精神障害者就労支援など良質な福祉サービスの提供を致しております。今後も病院やクリニックなど医療のバックアップ体制をお願いしながら、社会福祉法人の使命を全うして行けるよう、職員一同さらなる研鑽を積んでいく所存ですので、今後とも変わらぬご理解・ご支援をお願い致します。